2010年05月31日

第77回日本ダービー回顧

ほぅ〜。

そうきますか…。

エイシンフラッシュですか…。

ちょっと意外でした。

と言うかこの馬、皐月賞も3着ですし、力はあるんですけどね…。

前半1000mのラップが61.6という超スローペースを考えても、2400mで32.7のあがりですか…。

恐れ入りました。

内田君も上手く乗りましたね。

ようやく復調と言った感じでしょうか…。

2着のローズキングダムは…。

朝日杯の頃はこの馬を中心にクラシックが回ると考えていたんですが、スプリングS、皐月賞と、ちょっとらしくないレースをしていたので「早熟かな?」なんて気になってましたが…。

本来なら、これくらい当たり前にする馬ですもんね。

こちらは納得。

しかしながら、私の推していたヴィクトワールピサ。

なんというちぐはぐなレースだったのでしょうか…。

岩田君、やりやがったな!!

道中は手綱を持って行かれっぱなしで、直線では行く所が無くなるという…。

なんともちぐはぐでした。

豊もキレていたことでしょう。

まあ、でも、これがダービーですね。

ただ、言える事は、エイシンフラッシュは、菊花賞では切りという事ですね。

3冠ロードが確立されて以来、日本では皐月賞、ダービーの2冠馬、皐月賞、菊花賞の2冠馬はいるのですが、ダービー、菊花賞の2冠馬はいません。

というか、基本的にダービー馬は菊花賞では来ないのです。

来る時は、3冠馬のみですね。

これで、今年の3歳牡馬はさらに面白くなりましたね。

皐月賞馬ヴィクトワールピサにダービー馬エイシンフラッシュ。

ローズキングダムも復調気配ですし、ペルーサは今後もっと良くなってくるでしょう。

ルーラーシップ、トゥザグローリーが今後どういう成長過程を踏むのか…。

秋が楽しみですね。

目黒記念は…。

アルナスラインは久々のトップハンデがこたえましたね。

でもこのレースができるんですから、なかなかのものです。

道中あれだけ口を割りながら…。

勝ったコパノジングーはあの展開で上手く外から差しましたね。

こちらもまた、なかなかのものです。

今回の反省点としては…。

ダービーはヴィクトワールピサに集中しすぎて、他の馬の検討がおろそかになったかもしれませんね。
(でも、どれだけ考えてもエイシンフラッシュに行きつかないと思いますが…。)

目黒記念は、アルナスラインを信用しすぎました。
メンバーも手薄でしたしね。

いや、久々のトップハンデは普通見送りなんですが、あまりにもメンバーが手薄でしたから…。

反省です。

本日の結果。

投資金額ダービー、目黒記念と合わせて18,000円。

的中馬券はヴィクトワールピサ複勝のみで、回収金額が12,000円。

結果、−6,000円。

先週までの負け分を合わせて、−14,200円。

プラスになりそうでなりません…。
ラベル:GT 府中 左回り
posted by たか at 02:15| Comment(0) | GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

第77回日本ダービー

いよいよダービーです!

やっぱりダービーはうきうきしますね。

特に今年は本当に強い馬、素質馬が集まった近年まれに見るダービーですね。

ダノンシャンティの取り消しは残念でしたが…。

やはり前走は相当に消耗が大きかったんでしょうね。

ぱっと見て有力馬と思われる馬をピックアップすると…。

ヴィクトワールピサ、ペルーサ、ローズキングダム、トゥーザグローリー、ルーラーシップ、ヒルノダムール、レーヴドリアン…。

きりがないですね。

前日オッズではヴィクトワールピサとペルーサが人気を分けあってます。

この2頭の父親を見ても面白いですよね。

ヴィクトワールピサの父ネオユニヴァースが勝ったダービーの2着馬がペルーサの父ゼンノロブロイ。
(ちなみにこのレースは馬連1点買いでゲットしましたが…。)

血のドラマですね。

基本的には、私もこの2頭で良いと考えてます。

ペルーサは「サタうま」というテレビ番組を見ていたら、横典が「本命にしていいよ」と言っていたらしい。

確かに強いが…。

気になるのは、青葉賞組。

ダービー取った事無いですよね。

個人的にはダービー前に府中の2400を経験させる絶好のステップレースと思っているのですが…。
(まあ、2着馬は何頭か出てますね。)

ただ、ジンクスを信用して、ペルーサではなく、ヴィクトワールピサで行きます。

このブログで何度か記載したと思うのですが、弥生賞依頼ずっとヴィクトワールピサがダービー馬になると考えてました。

ペルーサは、何と言っても無敗なので、ケチをつけるとすれば先ほど述べた「青葉賞組」ということだけになってしまいます。

ヴィクトワールピサもデビュー戦で武豊が「三冠馬になる可能性を秘めている」と感じたらしいです。

これも「サタうま」で杉本清氏が言っておられました。

その「サタうま」では、ヴィクトワールピサとルーラーシップが角居厩舎の2頭だしになりますが、「この世代のどっちが一番か?」と言われた程、入厩時から話題になっていたそうです。

成程とうなづける事ですが…。

やはりヴィクトワールピサですよ。

弥生賞の豊の乗り方は本当に力のある馬でしかしない乗り方。

間違いなく、この馬が世代ナンバーワンと考えてます。

そこで、私の馬券は…。

単勝 7番 5,000円(ヴィクトワールピサ)
複勝 7番 10,000円(ヴィクトワールピサ)

以上です。

目黒記念は…。

微妙ですね。

アルナスラインが実力的には抜けていても長期休養明け。

ただ、メンバーは薄い。

モンテクリスエスもこのメンバーならば勝機と思いますが…。

アルナスラインにしましょうか。

単勝 2番 1,000円(アルナスライン)
複勝 2番 2,000円(アルナスライン)

でも2番人気の馬って過去10年勝ってないんだよな…。
ラベル:府中 GT 左回り
posted by たか at 04:40| Comment(0) | GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第46回金鯱賞回顧

京都内回りの典型的なレースでしたね。

いったいったで決まったレースですが…。

アーネストリー、無難に勝ちあがりましたね。

佐藤哲三が勝利騎手インタビューで「まだ本来の走りではない」と言っていたのが気になる所。

現状では宝塚記念で有力馬が見当たらないなか、この馬が本来の走りをしたら勝てるのだろうか…。

悩む所です。

スマートギアはやりますね。

あの展開で淀の内回りを直線一気で3着ですか。

なかなかのものです。

本日の結果。

投資金額3,000円に対し、的中が単勝、複勝。

回収金額が5,900円で純利益は2,900円。

先週までの負け分を加味して、-8,200円。

プラスが見えてきましたね。
ラベル:右回り GU
posted by たか at 04:38| Comment(0) | GU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱